スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

Microsoft SQL Server で 覚えておきたい5つの事 -②テーブルの作成-

前回はデータベースを作成して接続するまでのを紹介しました。
今回は接続したデータベースにテーブルを作成する方法を紹介します。



2つ目 テーブルの作成

まずは、前回の手順どおりにデータベース項目を追加してください。

ソリューションエクスプローラ2

追加されたデータベース項目(ここではTestDB.mdf)をダブルクリックすると右側に
サーバエクスプローラが表示されます。
テーブルを追加するには、[テーブル]を右クリックして「新しいテーブルの追加」を選択します。

サーバエクスプローラ2


テーブル定義の設定が画面が表示されるので設定後、保存(ctrl+[s])します。
初回保存時にはテーブル名を聞かれるので適当なテーブル名を入力します。

サーバエクスプローラ3


以上で、データベースにテーブルが追加されました。
追加したテーブルデータはサーバエクスプローラから確認することができます。

サーバエクスプローラ4



コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(みんなのJAVAの覚え方-javaの魅力-)
次のページ(Microsoft SQL Server で 覚えておきたい5つの事 -①SQLサーバへの接続- )
最新記事
カテゴリ
みんなのGoogleAndroidアプリ (8)
ASP.NET (8)
Ubuntu 気ままな独り言 (1)
Ubuntuインストール (4)
Ubuntuと無線LAN (1)
JAVA (3)
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。