スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

CFWへの書き換え方法

PSPのファームウェアをCFW(カスタムファームウェア)というものに書き換えてみました。

なんとこのCFWというファームウェアにすると、ゲームのスクリーンショットが撮影できたり自作のゲームが起動できたりISO形式のゲームが起動できたりするみたいなのです。
本来持っているPSPの機能を最大限に活かすというか、SONYが規制してる機能のロックを解除するファームウェアらしい。
しかも、メモステからのISO起動はUMDでゲームするよりも何倍もサクサク動くとのこと。

これは、おもしろそうだ!!と言う事で早速導入してみました。

■用意するもの
CFW対策前基盤前のPSP
・パンドラバッテリー
・メモリースティック(PRODUO)
・PCとPSPを繋ぐ、データ転送ケーブル

「CFW対策前基盤前のPSP」と書きましたが、2009年ぐらいに結構問題になったみたい(PSPのゲームが売れなくなったとか)でSONYがCFWにファームウェアを書き換えられないようにPSPの基盤を交換したみたいです。
とりあえず、PSP1000は全て対策前モデルでPSP3000は全て対策後モデルになり、
PSP2000が対策前と対策後が入り混じってる状況になります。
PSPのシリアルナンバーから対策前対策後かが判別可能。

image01-1.jpg

まず、①の部分がGより後のアルファベット(HとかIとか)の場合は残念ながら対策後・・。
そして、Gより前のアルファベット(CとかDとか)の場合は、対策前です。

問題はGの人。②の部分の番号がとても重要になります。
表の形式で下記にまとめました。

対策前

グレーゾーン

対策後

PB(ピアノ・ブラック)

~ S01-0963900

~

S01-0964989 ~

CW(セラミック・ホワイト)

~ S01-2161115

~

S01-2161999 ~

IS(アイス・シルバー)

~ S01-3703200

~

S01-3703799 ~

FB(フェリシア・ブルー)

~ S01-4793000

~

S01-4793519 ~

RP(ローズ・ピンク)

~ S01-5476000

~

S01-5479999 ~

LP(ラベンダー・パープル)

~ S01-6364500

~

S01-6368999 ~

MG(ミント・グリーン)

~ S01-8127800

~

S01-8128672 ~

MB(メタリック・ブルー)

すべて対策前

MN(マット・ブロンズ)

すべて対策前

DR(ディープ・レッド)

すべて対策前



ここまでで、自分のPSPが 対策後 と判明した場合は
CFW導入不可能です。下記の手順を行った場合は最悪死亡PSPになるので絶対に実行しないでください。


次に聞きなれない、パンドラバッテリーについてですが、
近くのゲーム屋さんとかでは絶対に売ってませんので、知り合いに借りるかAmazonとかで買ってください。



では、いよいよCFWを導入する準備を始めます。


マジックメモリースティックの作成

①Rain's UltraLite MMS Maker for 5.00 M33-4 v1.2をダウンロードして解凍します。
download.gif


②FW 5.00 のアップデータをダウンロードして 解凍します。
download.gif

③解凍してできたFW5.00のアップデータ(EBOOT.PBP)を500.PBPにリネーム(ファイル名を変えます)します。

④リネームした 500.PBP を ①で解凍してできた 25437_RainsUltraLiteMMS500v12 フォルダに入れます。
cfw01.jpg

⑤PSPでメモリースティックを初期化します。
cfw02.png

⑥PSPとパソコンをUSB接続します。
PlayStation Portable用データ転送USBケーブル

⑦RainsUltraLiteMMS を起動します。
cfw03.jpg
※ドライブはPSPのメモリースティックが認識されているドライブを設定してください

⑧[Make MMS]を選択し「Make MMS is Finished」と表示されればマジックメモリーは完成です。


CFW書き換え

⑨CFWを導入するPSPのメモリースティックとバッテリーを抜きます。

⑩作成したMMSをPSPに入れます。

⑪PSPのLボタンを押しながらパンドラバッテリーを入れます。
※自動的に電源が入りMenuが表示されます。

Install 5.00 M33
Install 5.00 OFW
NAND operations
Hardware Info
Test M33
Shutdown
Reboot Device


⑫いよいよ書き込みます。Install 5.00 M33にカーソルを合わせて ×ボタン を押します。

⑬CFWのインストールが終わるまでしばらく待ちます。

⑭CFWのインストールが終わるとPSPの電源が落ちるので、パンドラバッテリーと通常のバッテリーを入れ替えてPSPの電源を入れてください

⑮言語設定が英語になってますのでPSPを初期化します。
System Settings>Restore Default Settings を ×ボタンで選択するとPSPの初期化が始まります
※何回か英語で質問されますがすべて[YES]で問題ありません

⑯自動的に再起動します。電源が上がったら初期設定画面が表示されるので指示に従って設定します

⑰本体設定>本体情報 で 5.00 M33-4となっていれば完了です。
cfw05.png


コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(Androidアプリ作成_01-開発環境と仮想Android端末の作成-)
次のページ(みんなのJAVAの覚え方-クラスとフィールドとメソッド-)
最新記事
カテゴリ
みんなのGoogleAndroidアプリ (8)
ASP.NET (8)
Ubuntu 気ままな独り言 (1)
Ubuntuインストール (4)
Ubuntuと無線LAN (1)
JAVA (3)
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。