スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

Androidアプリ作成_01-開発環境と仮想Android端末の作成-

とりあえず、開発環境の構築方法(ざっくり紹介)
========================================================================
※JDKインストール済み

①下記GoogleのサイトからAndroidのSDKをダウンロードしてCドライブの直下に展開しておく。
Android SDKのダウンロード⇒http://developer.android.com/intl/ja/sdk/index.html

②下記MergeDoc ProjectのサイトからEclipseの日本語版をダウンロードしてCドライブの直下に展開しておく。
Eclipseのダウンロード⇒http://mergedoc.sourceforge.jp/
※ここではEclipseのバージョン3.4(Ganymede)を選択しました。

③EclipseにAndroidのDeveloperToolプラグインを導入する。
 3-1.Eclipseで[ヘルプ]-[ソフトウェア更新]
 3-2.[使用可能なソフトウェア]タブを選択し、[サイトの追加]
 3-3.[ロケーション]のURLに「https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」を入力し[OK]する
 3-4.追加したロケーションから「Android DDMS」と「Android 開発ツール」にチェックを入れ、
   画面の指示に従ってインストールする。
 3-5.インストールが完了したらEclipseを再起動する。
 
④EclipseでAndroidパスの設定を行う。
Ecliseで[ウィンドウ]-[設定]で[Android]を選択し、[SDKロケーション]に①で展開したSDKのパスを入力する。
例:C:\android-sdk-windows

⑤AVD(Android仮想端末)のPackageインストール
 5-1.Eclipseで[ウィンドウ]-[Android SDK and AVD Manager]を選択
 5-2.[Available Package]を選択し、[https://dl-ssl.google.com/android/repository/repository.xml]の
   横のチェックボックスにチェックを入れて[Install Selected]する。
 5-3.取りあえず、[SDK Platform Android x.x]から始まるものは[受諾]する。
   ※古いバージョンはいらねーって場合は、別に欲しいバージョンだけでOK。
 5-4.[Google APIs by Google・・]から始まるものは[API 3]がお勧め
   ※@itさん や javadriveさん でのサンプルプログラムで多く使われているので・・。
 5-5.[Install Accepted]してインストールする
========================================================================
仮想Android端末の作成
なぜ、こんな事するするかというと、作成したAndroidアプリの実行テストを行うためです。
つまり、Androidの携帯電話を持っていなくてもPC上でアプリの動作を確認できるわけです。

それでは、自分のPCに仮想Android端末を作成していきましょう。
操作はすべてEclipseで行います。

①[ウィンドウ]-[Android SDK and AVD Manager]を選択
②[Vertual Devices]が選択されていることを確認して[新規]を選択
③今回はAndroid 2.0の仮想端末を作成することにします。

[Create new AVD]の画面で下記のように入力
MyAndroid_version20.png

④[Create AVD]を選択する
[Vertual Devices]に[MyAndroid_version2.0]が追加されます。

以上で、Android 2.0 プラットフォームの仮想端末を作成できました。

仮想Android端末の起動
[MyAndroid_version2.0]にフォーカスを当てて、[開始]を選択します。
※初回は起動するのに1分ぐらい掛かりますが、以降は15秒ぐらいで起動できるようになります。
※Android端末は画面のロックがされた状態で起動するようです。ロックを解除するには[Menu]キーを選択します。

MyAndroid_version20-2.png

あとは、普通の携帯電話なので使い方は実際に使って覚えるスタンスで問題ないですが
言語の表記がすべて英語では覚えられるものも覚えられないので
日本語表記にしてしまいます。

仮想Android端末の日本語化
表記が英語だと(私は)読めないので日本語にします。

①アプリのタブ(画面下のやつ)を開いて、[Settings]-[Language & Keyboard]を選択
②[Select locale]を選択し[Japanese]を選択
③文字入力も[谷歌・・法]という方式では嫌なので、チェックをはずし[Japanesse IME]にチェックを入れます。

以上で、Android仮想端末と端末の日本語化が完了しました。

次回からは実際にプログラミングして、仮想端末にアプリをインストールし使ってみます。
ぜひ見てください!!
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(Androidアプリ作成_02-プロジェクトの作成-)
次のページ(CFWへの書き換え方法)
最新記事
カテゴリ
みんなのGoogleAndroidアプリ (8)
ASP.NET (8)
Ubuntu 気ままな独り言 (1)
Ubuntuインストール (4)
Ubuntuと無線LAN (1)
JAVA (3)
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。