スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Androidアプリ作成_03-プロジェクトの実行-

前回作成したプロジェクトを実行してみます。
続きを読む

Androidアプリ作成_02-プロジェクトの作成-

Androidのプロジェクトを作成します。
続きを読む

Androidアプリ作成_01-開発環境と仮想Android端末の作成-

とりあえず、開発環境の構築方法(ざっくり紹介)
========================================================================
※JDKインストール済み

①下記GoogleのサイトからAndroidのSDKをダウンロードしてCドライブの直下に展開しておく。
Android SDKのダウンロード⇒http://developer.android.com/intl/ja/sdk/index.html

②下記MergeDoc ProjectのサイトからEclipseの日本語版をダウンロードしてCドライブの直下に展開しておく。
Eclipseのダウンロード⇒http://mergedoc.sourceforge.jp/
※ここではEclipseのバージョン3.4(Ganymede)を選択しました。

③EclipseにAndroidのDeveloperToolプラグインを導入する。
 3-1.Eclipseで[ヘルプ]-[ソフトウェア更新]
 3-2.[使用可能なソフトウェア]タブを選択し、[サイトの追加]
 3-3.[ロケーション]のURLに「https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」を入力し[OK]する
 3-4.追加したロケーションから「Android DDMS」と「Android 開発ツール」にチェックを入れ、
   画面の指示に従ってインストールする。
 3-5.インストールが完了したらEclipseを再起動する。
 
④EclipseでAndroidパスの設定を行う。
Ecliseで[ウィンドウ]-[設定]で[Android]を選択し、[SDKロケーション]に①で展開したSDKのパスを入力する。
例:C:\android-sdk-windows

⑤AVD(Android仮想端末)のPackageインストール
 5-1.Eclipseで[ウィンドウ]-[Android SDK and AVD Manager]を選択
 5-2.[Available Package]を選択し、[https://dl-ssl.google.com/android/repository/repository.xml]の
   横のチェックボックスにチェックを入れて[Install Selected]する。
 5-3.取りあえず、[SDK Platform Android x.x]から始まるものは[受諾]する。
   ※古いバージョンはいらねーって場合は、別に欲しいバージョンだけでOK。
 5-4.[Google APIs by Google・・]から始まるものは[API 3]がお勧め
   ※@itさん や javadriveさん でのサンプルプログラムで多く使われているので・・。
 5-5.[Install Accepted]してインストールする
========================================================================
続きを読む
前のページ
最新記事
カテゴリ
みんなのGoogleAndroidアプリ (8)
ASP.NET (8)
Ubuntu 気ままな独り言 (1)
Ubuntuインストール (4)
Ubuntuと無線LAN (1)
JAVA (3)
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。